市販の薬を使う前に正しい洗顔の仕方を学ぶ6つの手順!

washing-face.jpg



まずで市販薬を使う前に学んでおきたいのは正しい洗顔の仕方です。洗顔をする理由ですか、まず1つ目は顔についた汗やホコリの汚れなどを綺麗に落とすこと。もう一つは毛穴をきれいにするために、顔についた油を取り除くことです。


いくら薬を使っても正しい洗顔の仕方を行っていないと効果が薄れてしまいます。正しい洗顔の仕方を学ぶ6つの手順を紹介します。





①しっかり手を洗うこと!


顔を洗う前にまず最初に手を洗います。洗顔をする際に手が汚れていたら効果がありません。
そしてニキビが顔にある方は、手が汚れている場合に菌が繁殖する可能性もあります。しっかりと手を洗い手の汚れを落としましょう。






②顔を水だけで洗うこと!


次は水だけで顔を素洗いしましょう。洗顔料を使う前に落とせる汚れはできるだけ水で全部落としてしまいましょう。そして水だけでは落ちにくい顔の脂などを、洗顔料を使って落とします。普段から皆さんやっていることだと思います。


そして素洗いする時の水の温度は30~34度くらいを目安にしてください。このぐらいの温度が毛穴を開いて汚れを落としやすくする温度です。冷たい水風呂などに入ると体が引き締まることがあると思いますが、顔も一緒で水が冷たすぎると毛穴が引き締まってしまい汚れが落ちにくくなります。素洗いするときの温度には少し気を使いましょう。





③洗顔料を泡立てること!


洗顔料をしっかりと泡立ててください。泡立てる時のポイントはとにかく泡が多ければ多いほど良いです。
洗顔料が泡で出てくるタイプよりも、通常の洗顔料をネットを使って泡立てる方が効果があると私は思います。


手で泡立てる人が苦手な人は必ず泡立てネットなどを使ってしっかりと泡を立てましょう。





④泡で顔を洗うこと!


ここが一番難しいポイントだと思います。手で顔を洗うのではなく、手についた泡で顔を洗うようにしてください。


具体的に言うと、手と顔はつかないように顔を洗います。手と顔には1mmほど隙間があって、その隙間を泡が埋めているような感じで顔を洗います。とにかく手を顔に押し付けないように泡で顔を包むように優しく優しく顔を洗ってください。





⑤泡が残らないようにすすぐこと!


泡で顔を洗ったら、最後はすすぎの作業になります、すすぎで注意しなくてはいけないのは顔の泡を全て洗い流すことです、少しでも残っていてはだめです。


顔に泡が残っているとニキビができたり、肌荒れすることがあります。特にあごあたりは、汚れが残りやすく、すすぎ忘れが多いポイントです。その辺りを注意してやり過ぎぐらいしっかりとすすぎを行いましょう。





⑥やさしくタオルで顔を包み込むこと!


最後は顔をタオルで拭く作業に入りますが、ここも注意しなければいけないポイントがあります。タオルで顔をゴシゴシ拭いてはだめです。優しくタオルで顔を包み込みながら水分を拭き取りましょう。


タオルは必ず新しいものを使い、なるべくふわふわのものを使いましょう。固いタオルでは優しく拭いても肌にダメージが残ってしまいます。そうなると洗顔した意味がなくなってしまいますので、ふわふわのタオルで顔を優しく拭きましょう。





市販の薬を使う前に正しい洗顔を行う6つの手順でしたがどうでしょうか?
皆さんはこの手順をしっかり行えてたんでしょうか?さすがに洗顔をせずに市販の薬を使うだけではニキビは治りません。まずは簡単にできるこの手順をしっかりと踏んでから市販の薬を使って行きましょう。

この記事へのコメント